数秘でみる6月、ふたご座の新月

はづき数秘術でみる2019年は
2+0+1+9=3
わくわくと「破壊と創造」の『3』の年になります。

6月は、
3+6=9
6月のは『9』「完結」の月

2019年6月までと7月以降で、大きく流れが変わるとされています。

2019年の波が本格的に動き出すのは7月以降
その前に、今月は手放す、リセットすることがポイントになります。
宇宙の法則は「エネルギーは出すのが先、受け取るのが後」

手放すのが先、受け取るのが後

決して無理に心の傷や、過去のトラウマを手放そうとする必要はありません。
難しく考えなくて大丈夫です♡
私は、衣替えを兼ねて、眠ったままの洋服を、「この先着るかな?」ときちんと選択して整理(手放)しました。

日々の小さな小さな選択の手放しで十分。
「いやいや、大きく手放したい。」と言われる方には、1900年代に埋め込まれた、結婚とは、親とは、男とは、女とは、学校とは、仕事とは等の洗脳をまずは手放した方が、2000年代の波に乗りやすいとお伝えしています☆

こうでなければならないを、一旦手放すことで、あなたが波に乗りやすくなれば嬉しいです。

 

そして、今日は『ふたご座の新月』

ふたご座には、「つながり」といった意味があるそうです。

人との関係の中で、
優しく繊細な方ほど色々な感情を抱え込んでいるように思います。

わかってもらえない

ちょっとした何気ない一言に傷つき

人と関わることに疲れた。

こんな想いをするなら、一人が楽だと思っているあなた。

少しだけその感情を、大きく息を吸って、ゆっくり吐きながら手放してみて下さい。

ふたご座新月、新しいつながりへの流れが始まったみたいです。

 

 

宿命数や運命数、学びたい方は入門講座開催しますので、申し付けて下さいね。

個人鑑定

入門講座

お申込みはこちらから