走ってました(その2)

日常の中で、
自然のものが、
心にリンクして
物凄く美しく感じることが多々あって

それは、自然界からの
心遣いなんだと
走ってる時に
沢山沢山、感じることができて

この時間って豊かだなって
「これ何の話?」ですよね。笑

走れない私が
10キロマラソンにエントリーしたんです。

2キロ歩くことから初めて

次に1キロ走って
肺が痛くて
走ることが、こんなにもきついんだと実感して

そんな私の横を
白髪のご老人が、軽快に走りさって行く

そんな姿を目の当たりにすると、
年齢って関係ないんだと
気づかされます。

自分が走ってみて、
マラソン選手や、走る人を
改めて尊敬します。

大袈裟だけど
踏み込んだ者にしかわからない世界

不安と重圧しかない私は

それから日常の隙間時間を見つけては
ゆっくり歩いたり走ったり

10キロは、私には未知の世界

 

家族は「何しよるん」と言うものの
有難いことに誰一人バカにすることなく

「2キロ走れたら、10キロ走れるよ」と
なんとも、よくわからない根拠で
私を励ましてくれて

お陰様で

少しずつ距離も伸びて
歩かずにゆっくりゆっくり走れるようになりました。

 

何か動くことに対して
いつも本当にきついけれど

止められない時間の中で、
すでに私たちは、
あらがって生きてると知ったので

ならば、もう少し
あらがってみようと思ったのかもしれません

つづく

 

入門講座

個人鑑定

マスターコース

お申込みはこちらから