目には見えなくても

2020年4月は
2+0+2+0+4=8

「8:充実」の月にあたります。

「8」は、「物質」と「精神」など、
二つの世界の「統合」「均衡」を表す数字でもあり、
形は「無限大」のマークに通じ、
「繁栄」や「豊かさ」など、巨大なパワーを象徴し、
目に見えない世界と物質世界との統合とバランスを意味する数字でもあります。

「8」は外へ向かう強いエネルギーを持っている数字でもあり、
怒りでもあり、癒しでもあります。

 

今、こういった自粛の状況を、
一人一人が、どう受け止めて行動するのか

 

先が見えず、もちろん不安が募り
怒り、憤りを感じる方が多くいらっしゃるのかもしれません。

 

そんな方々の、少しだけでも癒しとなりますよう…

 

ここからは、私の世界です。
興味ない方はスルーしてくださいね。

「8」つながりで
出雲大社の雲山に鎮座する素鵞社(そがのやしろ)です。

 

 

岐大蛇(ヤマタノオロチ)退治で有名な
素戔嗚尊(すさのおのみこと)を祀る社です。
なかなかの、暴れん坊な神様です。

大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)の父神とされていて、
ご本殿後方の一段高いところ(八雲山の麓)に祀られています。

強い御神気を感じる方もいらっしゃるかと思います。

 

素戔嗚尊(すさのおのみこと)様

疾病退散

メッセージとしては、

目には見えないけれど、

私達の一挙一動を知る者がいらっしゃるそうです。

神であり

祖先であり

一人一人の良心だそうです。

 

今日もがんばってくれてる方々がいます。

一人一人にできることって何だろう

大きなことはできないけれど、

今はただ、
目の前のこと目の前の人を、
幸せに感じて幸せにする

それが、何らかの形となり、
つながって、無限大の大きなエネルギーとなり、

繁栄し平和となる

 

目に見えない世界と物質世界の統合とバランスを意味する「8」の月に
ここへ訪問して下さりありがとうございました∞
あなたへのメッセージにかえて…深謝